サルガドの「WORKERS」という写真集について

友達からこんな凄い写真集をもらった。

サルガドの「WORKERS」という写真集。

「もし俺にプレゼントすることがあったらサルガドのWORKERSという写真集にしてくれ!」と冗談で言っていたら本当にプレゼントしてくれた。ありえない。

こんな高いものをわざわざ輸入してくれて、それも分厚くて激重いのに彼は手で持ってきてくれた。写真集を知る人は知っていると思いますが、写真集って何しろ高価なのです。だからなかなか手が出ない。手が出ないからと言ってその場で買わないと、写真集は発行部数が少ないのですぐに絶版になってしまう。

どれぐらい高いかというと「WORKERS」の日本版は35999円!

400ページ、重さ3kg。

値段やスペックもさることながら、内容が凄すぎて体調を整えてからじゃないと見れない。なぜならばこっちがやられちゃうから。日常生活が送れなくなるぐらい本気で凄いこの写真集。

「Genesis」という写真集も絶品なのだが、「WORKERS」はザ・人間なのだ。それも働いているシーン。これは輸入盤だが、日本版は「人間の大地 労働」という邦題がついている。

もうどのページも圧倒的な力と重量を持っているのだがこんなカットがある。

銅山だったか、ダイヤモンド発掘場だったかの1カット。監視人が働いている人にライフルをつきつけるカット。そこまでならまだよい。働いている人がその銃口の先を握っているのだ。ふー。それをサルガドは側面からかなり近い距離で撮影している。

人間ってなんなんだろう。

働くってなんだろう。

人間ってなんだろう。

写真ってなんなんだろう。

これから我々人間はどうしていけばいいんだろう。

下手をすると人生が変わってしまうぐらいの一冊。

PS:これをくれた彼は、金額など全く気にせずなんの躊躇もなく僕にくれた。きっとこれは何かのメッセージなのだろう。

貴重な写真集と出会わせてくれたその友達にリスペクト!

ありがとう。

IMG_3657


 

須田誠・写真ワークショップ初級クラス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です