須田誠 写真教室 10・11月 初級、ステップアップクラス募集開始!

何しろ楽しく学べて写真が好きな人と繋がれる。
講師・須田誠の写真集はオダギリジョーさんより推薦のコメントをいただきました!

オダギリジョーさんの心を震わせる写真を撮った写真家・須田誠から写真を学んでみませんか。

すでに75期、1200名を超える安心の写真教室です。
ぜひこのタイミングに!

 ◇

★初級クラス76期生 詳細はこちら⇒

10月04日(水)19:30~21:30+交流会
10月11日(水)19:30~21:30+交流会
10月18日(水)19:30~21:30+交流会
10月25日(水)19:30~21:30+交流会

 


★初級クラス77期生 詳細はこちら⇒

11月02日(木)19:30~21:30+交流会
11月09日(木)19:30~21:30+交流会
11月16日(木)19:30~21:30+交流会
12月30日(木)19:30~21:30+交流会

 


★ステップアップクラス2期生<平日コース> 詳細はこちら⇒

11月01日(水)19:30~21:30+交流会
11月08日(水)19:30~21:30+交流会
11月15日(水)19:30~21:30+交流会
11月22日(水)19:30~21:30+交流会

 


★ステップアップクラス3期生<土曜コース> 詳細はこちら⇒

11月04日(土)17:00~19:00+交流会
11月25日(土)17:00~19:00+交流会
12月02日(土)17:00~19:00+交流会
12月09日(土)17:00~19:00+交流会

写真の裏打ちです。

【本ができるまで #0039】
なんだかめちゃ忙しいです。
写真集『GIFT from Cuba』があと二週間で完成する。
プロモーション準備
写真展×2本 北村写真機店さん、森岡書店さん
その額装写真の作成

明日から「NO TRAVEL,NO LIFE」の舞台&トーク。
予約はこちらから

今月は写真教室も、初級が二本、中級、表現クラス。

目が回りそうな中、現在とても地味で大変な作業をやっています。

 

裏打ち。

 

何それ?という人もいるかもしれませんね。音楽をやっている人はビートの裏打ちを思い浮かべたかもしれません。

 

写真の裏打ちです。

 

写真を額装展示するときに写真をマットという台紙に貼って額に入れます。単純に裏からテープで貼るだけでもよいのですが、それだと写真がよれてしまいます。写真は紙でできているので湿気などにとても影響されます。波打ってしまうのです。

そこで裏側から厚い紙を貼ります。業者さんにお願いしてもよいのですが、そこは手作り、モノづくりです。一枚一枚自らの手で作り上げていきます。

貼る時のテープも無酸性テープというものを使用します。写真を長期保存するためにはセロテープではいけません。写真もテープも劣化してしまうからです。大事な写真ですからね。この無酸性テープなるものがまた高価で困るのですが…。

そして裏打ち、額装をするのですが。この一連の作業は、一言で言えば瞑想みたいなものです。

指紋が付かないように白い手袋をして、精神を集中して、埃を払って、ひとつひとつ1mmも狂わないように丁寧に貼っていく。ここでミスしたらまたプリントからやり直しなので気が抜けません。

そこで一番大事なこと。
心を込めることです。

写真集(印刷)と、写真展(プリント写真)。
この違いもぜひ楽しんでください。

写真集(音楽で言えばCD)、写真展(音楽で言えばLIVEです)。
いずれもお見逃しなく。

 


9/12(火)~10/1(日)
代官山 北村写真機店(代官山 蔦屋)
『We are Cubano!』
http://real.tsite.jp/daikanyama/floor/shop/kitamura/
———————————————
トークと写真ワークショップも開催しますのでぜひいらしてください。

北村写真機店さんで先行発売もあります!

要チェック!

⇒10/1(日)トークイベント
⇒10/9(月祝)写真ワークショップ

※イベント情報、お申込みはこちらより!

場所はこちらです。

 

オダギリジョー主演
日本、キューバ合作映画「エルネスト」
10月6日全国ロードショー
http://www.ernesto.jp/

 

『GIFT from Cuba』
Amazonにて予約開始!!!!!
「GIFT 須田」で検索してください!
https://www.amazon.co.jp/dp/4866070374/

9/12よりシャレ代官山の蔦屋書店さんにある写真店「北村写真機店」内で写真展を開催します!

【本ができるまで #0038】
いやー、そろそろ本当に本ができてきますよ。
それに合わせて展示やプロモーションの準備で大忙しです。

さあ!
『GIFT from Cuba』の発売よりも先に写真展を開催します!
トークイベント、写真ワークショップなどもやりますので是非いらしてください。

まず第一弾はこちら!!!!

『We are Cubano!』

本好きにはたまらないオシャレ代官山の蔦屋さんにある写真店「北村写真機店」内で写真展を開催します。

2015、2016年に撮影した最新作! 今の貴重なキューバの風景とキューバのカッコいい若者を展示します。

このシリーズ、ホントずっと展示したかったのです。それが北村写真機店さんで叶うとは。これは幸先が良い! 超カッコいい展示になると思うよ。

そして誰よりも先に本をゲットしたい人へ朗報。
北村写真機店さんで9/20より先行発売をします。特典としてサイン入りポストカードが付きます。

「代官山、蔦屋 須田誠」で検索してみてください。店頭でもネットでも購入可能です。

いよいよ。

 

●写真展情報はこちらです。
———————————————
9/12(火)~10/1(日)
代官山 北村写真機店(代官山 蔦屋書店)
『We are Cubano!』
———————————————
本好きにはたまらない代官山の蔦屋さんにある写真店「北村写真機店」内で写真展を開催します。2015、2016年に撮影した最新作! 今の貴重なキューバの風景とキューバのカッコいい若者を展示。

トークと写真ワークショップも開催しますのでぜひいらしてください。

⇒10/1(日)トークイベント
⇒10/9(月祝)写真ワークショップ

イベント情報、お申込みはこちらより

※場所:北村写真機店/代官山蔦屋書店

 

オダギリジョー主演
日本、キューバ合作映画「エルネスト」
10月6日全国ロードショー
http://www.ernesto.jp/

 

『GIFT from Cuba』
Amazonにて予約開始!!!!!
「GIFT 須田」で検索してください!
https://www.amazon.co.jp/dp/4866070374/

 


●GIFT公式サイト
●オフィシャルサイト+WEB連載
●Instagram
●Twitter
●いろは出版

 

オダギリジョーさんからコメントをいただきました!!!!!

【本ができるまで #0037】
本には帯というもがあります。
本屋さんで平積みしてある本はみなさんも帯を見るのではないでしょうか。

今回、キューバと関係のある、とある有名な映画俳優の方に帯のコメントをオファーしておりました。

その締め切りは20日。
待てど暮せどお返事はなく。

それはそうでしょう超多忙な有名人ですから。こちら無名の写真家ですのでコメントなどいただけるとは思えない。

翌日21日。入稿最終日。
返事はありませんでした。やっぱり無理だったか。

この日にコメントを入れなければ入稿には間に合いません。あきらめるしかありません。

編集者とデザイナーは血眼になって夕方入稿を目指して作業中。もう帯のコメントはないまま入稿…。

とその時!!!!!

直前、まさに滑り込みセーフという言葉がピッタリ。
アウト!という印刷所の審判の声が聞こえる直前で返事が送られてきたのです!!!!!

ドラマです。まさにドラマ。
まさかの演出?

僕はこの知らせを電車の中でスマホで見ましたが、あまりにもドラマチックな成り行きに涙が出そうでした。

キューバ、日本合作映画「エルネスト」主演のオダギリジョーさんからコメントをいただきました!!!!!

*

まるで
一本の静かな映画を観たような
そんな気持ちになった。

そこには
僕の大好きなキューバ、
憧れの国と
愛情深い人々が写し出されていた。

そしていつの間にか
僕は泣いていた。

*

オダギリジョーさんが、しっかりと僕の写真を見て、文章もラストまで読んでくださったことがよく伝わってくるとても誠意あるコメントです。

本当にありがとうございます。
感謝しています。

それにしてもまさかです。嬉しい!

 

写真展 『We are Cubano!』
9/12(火)~10/1(日)
代官山 北村写真機店(代官山 蔦屋書店)

☆10/1(日)トークショー
撮影秘話、キューバの話、旅の話などなどしますので!http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/09/post-398.html
☆10/9(月祝)写真ワークショップ
ストリートスナップの名手がストリートポートレートを伝授!http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/09/post-402.html

写真展 『GIFT from Cuba』
10/3(火)~10/8(日)
銀座・森岡書店
著者による作品解説ツアー、森岡氏との対談などイベント盛りだくさん予定!
詳細は追って!
https://goo.gl/maps/fNWLzjxd2qq

 

オダギリジョー主演
日本、キューバ合作映画「エルネスト」
10月6日全国ロードショー
http://www.ernesto.jp/

 

オダギリジョーさんから推薦文をいただきました!
まるで一本の静かな映画を観たようなそんな気持ちになった。(中略)
そしていつの間にか僕は泣いていた。

 

『GIFT from Cuba』
★Amazonにて販売!!!!!
https://www.amazon.co.jp/dp/4866070374/

★北村写真機店さんでもネット販売中!
https://store.shopping.yahoo.co.jp/tsite-d-camera/9784866070377.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


●GIFT公式サイト

●オフィシャルサイト+WEB連載
●Instagram
●Twitter
●いろは出版

【GIFT from Cuba もうすぐ本ができちゃうよ #0036】校了直前!キューバ写真集『GIFT』

【本ができるまで #0036】
本日、最後の直しを印刷所に編集のSさんと一緒に戻してきました。

普通は色校正紙に赤字を入れて戻せばそれで終わり。この写真、Y(黄色)少々落とすとか、この写真、色かぶりトル、とかそんな色指定をして戻すのです。

しかし今回は本当に驚くぐらい修正がなかった。もうそのままでOK!なぐらい。

ただ、どうしてもモノクロの色にばらつきが目立った。なのでそれを印刷所のプリンティングディレクターさんに直接会って伝えたかった。

モノクロというのは白と黒だけで印刷されているのではない。他のカラー写真同様に四色の掛け合わせでできているので、カラー写真にはならないけれど、色が転ぶことがあります。わかりやすい例でいうとモノクロなのだけどセピアっぽい薄茶色になってしまうとか。

それを統一してくださいと伝えてきた。
やっぱり俺は古い人なのかな。正直、色校正だってLINEでだって伝えられる(笑)。何ページのあの写真のマゼンタ転びを修正してください、ってスマホで書けば同じこと。だけど直接伝えないと安心できないっていう(笑)。いや、こういうのって大事だと思うのだけど、若い人はどうかな。そんなの非効率的っていうかもしれないですね。

色校正ごときは、このご時世、デジタルデータ(数字)で判断できる人工知能の方がきっと優秀だろう。その日その日の気分で動く曖昧な人間より正確にやってくれるはずだ。元写真と色校を撮影して比較すればいいだけの話だから。数字でオペレーターに指定して構成を戻したら間違いなく完璧に戻してくれると思う。

でもそこを人間がやる。その誤差が良い…のかもしれない。かもというのはやはり時代が変わりつつあると感じているからだ。

ラーメンの秘伝のタレの味は、今や人工知能がやっている店があると聞いた。今までは職人のみが知り得る味覚だったのだが、人工知能から言わせれば、職人のその日の体調、気分、気温、湿度などの条件によって秘伝の味に誤差が出ると。確かに。人工知能ならすべてを踏まえての正確な秘伝の味を毎日正確に作れるというわけだ。

しかし、どんなお客さんが来るかまでは想定していないだろう。この世の中は不確実性という問題が残っている。

人工知能はさておき、まだ難関は残っている。今回は、本体が透明なケースに入ってくるのです。そのケースに帯が巻かれる。

本は左開きの本なので(背表紙が左)。

左手で持った本体を右手にあるケースに差し込む形。
となると帯はケースに巻くので右巻き?????

普通、ケースなどない左開きの本には、背表紙の方へ左巻きに巻いてある。
でも今回はケースに巻くので…。

わからないですよね(笑)。

できてからのお楽しみということで!

購入後、帯を取り外してみて下さい。
そこにも金文字が…。

なんだか今作は凄いことになっています。
早くできないかな。
『GIFT from Cuba』

つーか、もうできちゃうよ!

 

ということで、

『GIFT from Cuba』Amazonにて予約開始!!!!!

 


●GIFT公式サイト
●オフィシャルサイト+WEB連載
●Instagram
●Twitter
●いろは出版


 

 

【本ができるまで #0035】印刷所見学 キューバ写真集『GIFT』

【本ができるまで リアルタイム情報 #0035】
話は遡りますが、本を作るためには印刷所が重要になってきます。当たり前の話ですが、あまり馴染みのない場所ではないでしょうか。

ちょっと前に今回お世話になる日経印刷さんを編集のSさんと訪問してきました。ちなみに社名は日経新聞さんとは関係ありません。

これも出版が決まってすぐに編集者の方にリクエストしておいたことでした。印刷の担当の方と顔合わせをしたいと。

京都で関わるスタッフさんたちとの食事会同様に、印刷担当の方ともコミュニケーションをとっておきたかったのです。やはり作業をするのは人間。お互いの顔や声を知っているかどうかで全然印象が変わってくると思うのです。

僕がどんな人間なのか、相手がどういった方なのか。

写真集を創るにあたって僕一人では何もできません。編集、デザイン、営業、広報、経理…その他にもたくさんの人たちが関わってくださっている。

*

日経印刷さんは、最新鋭機を備えた印刷所でした。一つのビル内ですべてが完了するというシステム。先方のご好意で本ができる行程をすべて見せていただきました。

紙の断裁
インク作り
データーオペレートルーム
刷版機
印刷機
製本機
断裁機…。

いやー本当に凄かった。
すべてがベルトコンベアーで流れていきます。実際の長さではなく印象で言うと50mぐらいのベルトコンベアが、広大な室内をくねくねと曲がり所狭しと流れていく感じです。

印刷機は一言で描写するならば蒸気機関車です。黒っぽい色で、高さや長さがまさにそのもの。それを一人から数名の人がメンテナンスしたり、具合を見ながらコントロールしていました。すごいスピードで紙に印刷されて流れていきます。

乱丁がないように、すべての折という紙のたば(16ページで1折)が、移動する時にカメラで撮影しているのです。すごい速さで動いているのにそれを撮影。

例えばあるページに「食べる。」という文字があったらそれを全部撮影している。たまにヒューマンエラーで「歩く。」という文章が入っている折が流れてしまったらそこで機械が止まるという。頭いいな。

落丁はどうやって防止すると思いますか。なんと重さで機械が判断するのです。1折が抜けてしまったらその分軽くなるのでそれで発見できるという。僕の人生では落丁ということは一度も経験したことはありませんが、今はかなり正確に防ぐことができるのですね。

少しの乱丁、落丁も許さない精巧さで機械たちが動いていました。

断裁された余分な紙は、すごい勢いで太い筒の中に吸い上げられていきました。刷版に使った素材も、余分な捨ててしまう紙もすべてリサイクルするそうです。

いやー、びっくりです。そんなことをやって本というものは作られているのです。

最後に表紙を巻いて出来上がり。本が完成する最後の場所で、営業の方が、「本を触ってみて下さいと」言ってくれた。

どなたの本かわかりませんが、長い行程を経て出てきた本は、なんと温かいのです。やっぱりナマモノなのですね。本が生きている感じがしました。

僕の写真集もこの長い長い行程を経て創られるのだと思うと胸が熱くなりました。こんな僕のためにこれだけ大勢の職人さんたちが、こんなに多くの大きな、精密な機械の管理をしながら作ってくれるなんて感激です。

本当にもう感謝の言葉以外みつかりません。
ありがとうございます。

ここから倉庫⇒取次⇒書店⇒みんなの手元へと届くのです。

もうすぐ僕の本もお世話になります。

つづく…

 

ということで、

『GIFT』Amazonにて予約開始!!!!!

 


●GIFT公式サイト
●オフィシャルサイト+WEB連載
●Instagram
●Twitter
●いろは出版


 

【本ができるまで #0034】表紙デザイン解禁&Amazon予約スタートです。

【本ができるまで 初公開! リアルタイム情報 #0034】
表紙解禁!!!!!!!!!!

布目調、ハードカバー!

写真部は型押しで少し凹んでいてそこに写真が貼ってあります。写真を活かす白枠。写真と今回のテーマの雰囲気に合わせ表紙に文字が乗らないデザインです。文字があるのはなんと背表紙だけ。おしゃれー! 超おしゃれ。タイトルの無い表紙!

でもGIFTという文字がありますよね。どうなってるの?
文字がなかったらタイトルもわからない…。

今作は透明なケースに入っています!
そのケースにセンスの良い渋めの金文字が箔押しされているという!

豪華で、渋くて、おしゃれな装丁です!
家に飾りたい。青山、代官山のおしゃれカフェが似合う感じ!

本編は、全144ページ、フルカラーで、本の真ん中あたりまで見やすい、開きやすい製本方式をとっています。

本当に自分が一番、本ができてくるのが楽しみです!(笑)

もちろんみなさんにもこの感動をお分けします!

ということで、

Amazonにて予約開始!!!!!

 


●GIFT公式サイト
●オフィシャルサイト+WEB連載
●Instagram
●Twitter
●いろは出版