キューバ 写真集 本ができるまで いろは出版

WEB連載【本ができるまで】#005

空港はいい。国によって独特な雰囲気がただよっている。気温、湿度、音も違うし、何と言っても匂いが違う。僕はNYのJFK空港のトイレの匂いが好きだ。

初めて行ったのは確か1985年ぐらいだったと思う。消臭ボールという名前なのだろうか(女子は見たことないかもしれないが)、あの匂いなので鼻にツンとくるような、お世辞にも良い香りとは言い難いものなのだ。

だから好きというより僕個人の初体験の思い出なだけなのだが。あの匂いは初めて行った強烈なNYのカルチャーショックとともに僕の細胞の中に残っている。

「ホセ・マルティ国際空港」
キューバの国際空港の名前だ。ホセ・マルティというのはキューバの有名な革命家の名前だ。日本で言えば、さながら坂本龍馬国際空港とでも言えばよいのだろうか。

チェやカストロを知っている人は多いだろうがホセ・マルティを知っている日本人は少ないかもしれない。ちなみに僕はチェも好きだがカミーロが好きだ。カミーロも知らない人が多いと思うが、チェよりも男前かもしれない。カストロ、チェと同じメンバーだ。命がけで覚悟を決めた男たちは男が惚れるぐらいカッコイイものだ。

さてどこの国でも税関を通り抜け到着ロビーに出ようとすると必ずネームボードを掲げた人たちが待ち構えている。あれも空港ならではの風景だ。旅行代理店の人なのか、ドライバーなのかわからないが誰かを迎えに来ている。キューバももちろん沢山の迎えの人たちがきていた。

ボードを掲げた人が声をかけてくる。
「ミスター、スズキですか?」
日本人はスズキが多いがちょっと違う。
初めてのキューバ。知人など一人もいない。

訳あっての久しぶりの家族の再会が多いのだろうか涙を流しながら激しいハグをする人たちをみかける。お国柄なのだろう。それも日本人がやる中途半端なハグじゃなくてギューーーー、チュ、チュ、チュ、ギューーまたチューみたいなラテンなハグ。日本ではありえない風景だ。

このチューはほっぺたにチューをするべシートと呼ばれる挨拶。のちにこのべシートは絶対に欠かせないものだと教えられる。今回の写真集の主人公の一人でもあるママは、いつも「マッコートーー!」と嬉しそうな、本当に嬉しそうな表情で、右、左、右と三回べシートしてくれる。

それにしても暑い。湿気も多くムワーンとした熱気。タイとはちょっと違う湿度だ。到着ロビーは電力を節約しているのか薄暗い。これも社会主義の国っぽくて雰囲気があっていい。

到着ロビーに出たら旅人のコースは大体お決まりだ。両替してから、ぼったくられないように何かしらの交通手段で中心部へ向かう。旅人の拠り所でもある両替所で騙してくる国もあるのだが。

キューバは空港から鉄道がない。バスもなさそうなので必然的にタクシーしかセレクトの余地がない。

タクシーはキューバに行ったことがないみなさんもご存知の1950年代のクラシックカーだ。いやクラシックカーではない。ボロボロではあるが現役バリバリなのでクラシックとは呼ばないと思うのだが。

つづく…

2017年秋、写真家・須田誠のキューバ写真集が発売決定!

WEB連載【本ができるまで】は本が完成するまでの物語。

過去記事を読みたい方はこちらを御覧ください。

まだまだ続きます。
この調子で書いていたら本物の本が先に完成してしまうな(笑)。

★Instagramでも同時連載中!
https://www.instagram.com/macochphoto/

★ブログ<須田誠オフィシャルサイト>
http://travelfreak.jp/

★Twitter
https://twitter.com/MacochTV

☆いろは出版
https://hello-iroha.com/

 

キューバ 写真集 本ができるまで いろは出版

WEB連載【本ができるまで】#004

そういえば、もうひとつクバーナ航空ではこんなことがあったのも思い出した。

小型の飛行機にタラップを使って搭乗する(このタラップで飛行機に乗るというのが僕は好きだ)。滑走路の白いコンクリート、吹いている風や熱気、あのうるさいエンジン音が旅の気持ちを盛り上げてくれる。

機内に入り自分の席を探す。
「A…。A32、A32の窓際、A32の窓際…あった!」
そこにはすでにラテン系と思われるおばちゃんが座っていた。
「すみません、そこは僕の席なのですが」

するとおばちゃんは言った。
「この飛行機は自由席よ。好きなところにお座りなさい」

国際線の座席が自由席。ありえない。

<世界は教科書に書かれていないことで溢れていた>

これが僕の人生初のラテン文化の洗礼だったといってもよいかもしれない。

ラテン系の中にあって僕たち日本人の中には無い<自由>というワクワクする美しいものを体感した瞬間でもあった。

つづく…

2017年秋、写真家・須田誠のキューバ写真集が発売決定!

WEB連載【本ができるまで】は本が完成するまでの物語。

過去記事を読みたい方はこちらを御覧ください。

まだまだ続きます。
この調子で書いていたら本物の本が先に完成してしまうな(笑)。

★Instagramでも同時連載中!
https://www.instagram.com/macochphoto/

★ブログ<須田誠オフィシャルサイト>
http://travelfreak.jp/

★Twitter
https://twitter.com/MacochTV

☆いろは出版
https://hello-iroha.com/

キューバ 写真集 本ができるまで いろは出版

WEB連載【本ができるまで】#003

はじめてのキューバ。当時多くの人たちが言うとおり恐いイメージがあった。日本語のガイドブックも頼りない情報しかなくよくわからない国だった。

共産主義だの、社会主義だの、革命だの、独裁だのあまり馴染みのない国であろうなとなんとなく感じていた。

そんな国のクバーナ航空。

キューバ行きのフライトは今までの旅の中でも忘れらない出来事がある。離陸してからしばらくすると白い煙が下からモクモクと湧き上がってきたことだ。それは靴が見えないぐらい濃い煙。イメージとしてはドライアイスに水をかけたようなものだと思ってもらえればいい。最終的には膝まで充満した。

どうみても尋常な状態ではない。緊急自体発令!(心のなかでは)。でもなぜか誰も騒いでない。

噂には聞いていた。アエロフロートなど社会主義の国の機体は古いので気密性が悪いと。そのために雲の中に突入すると、機内に雲が入ってくると。

これは雲なのか?
こんな状況なのにアナウンスはないのか?

つづく…

 

2017年秋、写真家・須田誠のキューバ写真集が発売決定!

WEB連載【本ができるまで】は本が完成するまでの物語。

過去記事を読みたい方はこちらを御覧ください。

まだまだ続きます。
この調子で書いていたら本物の本が先に完成してしまうな(笑)。

★Instagramでも同時連載中!
https://www.instagram.com/macochphoto/

★ブログ<須田誠オフィシャルサイト>
http://travelfreak.jp/

★Twitter
https://twitter.com/MacochTV

☆いろは出版
https://hello-iroha.com/

キューバ 写真集 本ができるまで いろは出版

WEB連載【本ができるまで】#002

まずはこの本のきっかけを話そう。遡ることもう15年も前になる2002年。僕はキューバにいた。世界放浪の旅から帰国しても、お金をためては各国と日本を行ったり来たりしていた。

三ヶ月の予定で中南米を計画した。グアテマラから入って中南米を行ける所まで、できたらアルゼンチンまで行く予定でいた。

ところがグアテマラがあまりにも快適で二ヶ月間も滞在してしまい、その間ずっとハンモックにゆられていた(沈没ってやつ)。

さて、いくらなんでも動かねばとやっと重い腰を上げて宿にある旅ノートをペラペラとめくってみると、あるある「ニセ学生証を作ってキューバに行く方法」とか、なんとか経由で行くと安いとか、安いチケットの買い方とか色々と書いてあった。旅先の宿は独特な文化があって面白い。

本当であれば、チェ・ゲバラよろしく船での入国を考えていた。船での入国というのは飛行機とは多い違いで劇的なものがある。あの陸が見えてくる感じ。上陸という言葉がぴったりだ。しかし当時そんな便はなく、あえなくちゃんとフライトチケットを買って飛んだ。

そこからこの物語が始まる。

2017年秋、写真家・須田誠のキューバ写真集が発売決定!

WEB連載【本ができるまで】は本が完成するまでの物語。

過去記事を読みたい方はこちらを御覧ください。

まだまだ続きます。
この調子で書いていたら本物の本が先に完成してしまうな(笑)。

★Instagramでも同時連載中!
https://www.instagram.com/macochphoto/

★ブログ<須田誠オフィシャルサイト>
http://travelfreak.jp/

★Twitter
https://twitter.com/MacochTV

☆いろは出版
https://hello-iroha.com/

WEB連載【本ができるまで】#001

【本ができるまで #001】
先刻の通り須田誠キューバの写真集を<いろは出版>さんという京都の出版社さんより発表することになりました。本当にありがたいことです。関わってくださるみなさんに心より感謝しています。

さて、とはいっても、まだタイト、ページ数、体裁、紙、などなどまだ全く未知の状態です。そこでInstagramを使って今回の写真集が完成するまでの険しくも楽しい道のりをドキュメントしていきたいと思います。題して…、

【本ができるまで】

さあどうなることやら。自分でもワクワクしてきました(それ大事!)。

編集のことをよく「編む(あむ)」と言います。ページなどを編んでいくと。組むのではなく編む。言い得て妙ですね。一つ一つをセーターのように編んでいくのです。

その編み目、縫い目、繋ぎ目をみんなにも感じてもらえたら嬉しいです。秋には良いセーターならぬ写真集ができていると信じています。

そして本を手にしたときにこの連載を読み直してみてください。きっと本への愛着が更に深くなると思います。

ここにもひとつの物語が紡げたらいいなと。

ぜひこのプロジェクトをお友達にも拡散してください!!

夢を叶えたい人、目標を持ちたい人、写真が好きな人、写真集を出してみたいと思っている人、出版してみたい人、編集をやってみたい人、モノづくりが好きな人などなどへ。是非!

ではスタート!

2017年秋、写真家・須田誠のキューバ写真集が発売決定!

WEB連載【本ができるまで】は本が完成するまでの物語。

過去記事を読みたい方はこちらを御覧ください。

まだまだ続きます。
この調子で書いていたら本物の本が先に完成してしまうな(笑)。

★Instagramでも同時連載中!
https://www.instagram.com/macochphoto/

★ブログ<須田誠オフィシャルサイト>
http://travelfreak.jp/

★Twitter
https://twitter.com/MacochTV

☆いろは出版
https://hello-iroha.com/

#本ができるまで #本 #写真集 #いろは出版 #キューバ #thephotosociety #filmphoto #cuba #havana #photobook #portrait #Cuba_Gallery #VisitCuba #igerscuba #travelphotography #igersjp #HUEART_life #indies_gram #RECO_ig #VSCO #instagood #icu_japan #instagramJapan #team_jp_ #tokyocameraclub #ig_photooftheday #bokeh_kings #wp_japan #写真 #カメラ #写真大好き #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #写真で伝えたい私の世界

error: Content is protected !!