浅間国際フォトフェスティバルに行ってきた!

浅間国際フォトフェスティバルに行ってきた。

結論から書くと、いやー、気持ちのよい空間だった。東京にいたら写真ってギャラリーで見るものと相場は決まっている。多くの場合、部屋の中だ。

それが今回はフェスなので外に展示されているというのは、とてつも素晴らしいことだった。建物内部の展示ももちろんあるが。

有名な写真家だからどうのとか、大きな賞を取っている作家だからどうのっていうのは二の次だ。権威を優先させるのであれば東京のギャラリーで見たほうがいい。

長野というこの気候も良かった。もちろん暑い日もあっただろうが僕が行った日はちょっと涼しいぐらいで、空は青く、空気は澄んでいて、本当に気持ちが良かった。

この「鑑賞者の気持ちがいい」というのがこれほどまでに写真に影響するとは知らなかった。

僕も東京で展示をやるときは鑑賞者のことを想像して、いろいろと気持ちの良い仕掛けはする。しかし自然には勝てないね。

広場に出展している食べ物屋さんも地元の食材を使っていて、かつもちろん美味しい! で、行列にもなってないし、なんだかのんびりしているのだ。広場の足元はおがくずが目一杯敷かれていて、ふわふわしているのも気持ちがいい。

本来、芸術鑑賞ってこうあるべきなのではないだろうか。

とーーーっても気持ちよかった。

監視員?(っていう名前?)の人たちが、背後で睨んでいるあの美術館の体制っていうのがとても嫌い。もちろん作品なんか触れるわけないし、悪いことなんてしないのだから、そんなに睨まないでくれって思う。

こちらのフェスは音でいえば、ポカーンって感じ(笑)。

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭という写真フェスがある。僕は2017年に行ったことがある。これも本当に素晴らしいフェスなのだ。京都市内で開催される。自転車で回れる範囲内に新人から有名作家までがいたるところに展示されている。

僕が感激したのはアーノルド・ニューマンの二条城内での展示だ。大政奉還が行われた二条城での展示ってめちゃ凄いことでしょ、これって。それもアーノルド・ニューマンの名作がかなりの点数、展示されていたのには驚いた。その土間には、アンディ・ウォーホル。大政奉還とポップアート。いい!

この浅間と京都。この2つは自然の中と都市と全く違う環境だが、本当に写真というより芸術、アートが好きな人、わかっている人が開催しているのだろうなという感じがした。

自然の中での芸術鑑賞(←この漢字自体が難しそう)は、いつでもまた体験したいと思った。

写真が好きな人で行くのもいいかもな。

ずっと気になっている東川町国際写真フェスティバルにも行ってみたくなった。

 

 

入り口。全体のイメージがピンクで統一されていて美しい。

 

これ、東京のオペラシティで見たな。藤原聡志作品。

 

蔦の絡まる建物に写真。水谷吉法作品。

 


JR様! ワタリウムの時はテンション高かったけど、なんだかここはのんびりしていた(笑)。

 

ダミアン・ブーメラン。ボタンを押すで写真を撮ってくれる。

 

下におがくずが敷いてあって、雲の上を歩いているよう。フワフワ。

 

鈴木理策氏の作品が日よけ?(笑)。

 

カフェの椅子も展示かとおもうほどきれいに並んでいた。

 

ホンマタカシの作品。だから?って感じだった。有名だから展示するのはやめたほうがいい。

その横に人が入れるほどのでかいピンホールカメラがあって、写真が映る原理を体験できた。

 

小池健輔作品。気持ち悪い。

 

清水はるみ作品。下が雑草っていうのがいい!

キャノンのミラーレスカメラ発表?????

ミラーレス戦国時代のネタは面白いですね。あんまりこういう噂話には飛びつかないタイプなのですが、なんだか大晦日のワクワク感に似ていてちょっとドキドキして楽しですね。

キヤノンのフルサイズミラーレスは「EOS R」という名称になる?

まじかー(笑)。まさかのR! なんの略だろう。

僕もご多分に漏れず小型軽量化を考えて、SONYα7Ⅲを考えていたのですが、ちょっと上のレンズを付けると重さがCANON5DⅢとあまり変わらないことに気が付き手を出さなかったのです。もちろんファインダーもきれいに見えるようになったとはいえ、やっぱり実像が見えたほうがいいしという古い思いもあるし。

そんなこんなしている間にニコンの新型ミラーレス、Z7、Z6が発表になった。すでに予約で品不足が予想されているとか。

で、そんなこんなしている間にCANONが9/5にミラーレスは発売するという噂。

キヤノン「EOS R」と4本のRFレンズのスペックと画像

いやー、カメラメーカーの人でなくてよかったですよ。端から見ていても胃が痛くなりそうな激戦。

それにしてもなんかこの画像の悪さがネッシーとか雪男が発見されたときの写真みたいでなんともいえない気持ちになりますね(笑)。いいのか悪いのか(笑)。もちろん正式発表になったらもっときれいな画像が出てくるのでしょうが。

よくデジカメはパソコンと同じと言われます。買いたいときが買う時。予算もあるでしょうし、どの時点で買うのか。すぐにマークⅡとかが発売になってしまうこのご時世。どの時点で買うかもポイントですね。

かく言う僕もついこの間のことですが、パソコンを買い換える時にWindows7が搭載されているものを買いました。しかしやはり10にしないともうだめですよね。全体がそういう動きになってきているので。10を買う時期も、もしかしたら11が出るんじゃないかとビクビクしたいたらいつまでたっても乗り換えられないです。

しかし、ちょっと話がずれましたが、「EOS R(マークⅠ)」どうしたものかよく考えてみようと思います。

でも歴史的変革期ですから、マークⅠを持っていたらあとで高く売れるかもしれませんね(いやわかりませんがw。今後デジタルなんていうものがあるのかどうかも疑問ですからね)。

でも早く触ってみたいなR!

 

追伸:でも実はこっそり狙っているのはこれ。フジの中半判

 

追伸その2:昔からみんなに言っているのですが、CANONが中判を出してくれたら即買いなのですが!

ニコンZ7/Z6の発表は久しぶりに湧きだった

今日、ニコンの新しいミラーレスカメラが世界的に生中継で発表になった。それをネットで見てました。

英語でも同時通訳していたので世界発表なのでしょうね。担当者も緊張しているのか、こっちも結構ドキドキでした(笑)。そりゃそうですよ、カメラの大転換期ですから。発表でもよく「100年」っていう言葉が出てきました。先を見越しての重大発表だったと思います。

写真に興味がない人にはZだろうがXだろうが関係ないのですが、写真マスコミ各社は終了と同時にwebサイトに投稿していましたね。一時、お祭りでした。

ともあれ、どのカメラでもそうですけど使ってみないとわからないですね。特に僕も前から書いてますがファインダーの見え方。これはデータや図ではわからない。でもかなり力を入れて作ったことを強調していましたね。ユーザーみんなが気にしている点でもありますし。

発売後のユーザーの厳しいレポートがネット上にアップされてくるのが楽しみです。

 

そして次はキャノンですね。

フルサイズミラーレス戦国時代。

SONYニコンとこうきたので、キヤノンはどうでてくるのか。前二者と比較してスーパー飛び出て凄い機能が付いてくるとは思えないのですが。スペックでSONY、ニコンを越えるとなると相当頑張らないといけないですよね。

デザインで奇をてらうと失敗する可能性もあるし。ともあれ、キヤノンとしては、SONYに行ってしまったユーザーを取り戻すのは至難の業。

先月のMap Cameraの2018年7月 新品・中古デジカメ人気ランキングは凄く特徴的な数字がでています。

新品の売上で一位はSONYα7Ⅲ。
中古の売上で一位はSONYα7Ⅱ。

で!中古の売上…
二位:キヤノン EOS 5D Mark III
三位:キヤノン EOS 5D Mark IV

うわー。CANONユーザーとしては、もう顕著すぎて胃が痛くなる思い(笑)。新品より中古が売れているそうなので、みんなが売って、SONYを買っている構図が見え隠れしていますね。

EOS 5D Mark IIIを売ってミラーレスを買おうなんていう目論見が総崩れ。いずれにしと売るなら今かな。これ以上経つともっと安くなってしまうかも。売れなくなる可能性もあるか。

逆に言えば、Ⅲ、Ⅳの買いどきかも(笑)。

ということで、CANONユーザーとしては、ミラーレスの一号機は、きっとまだまだ改良の余地はあるだろうから手を出さずに、Ⅳを中古で安く買っておいて、Ⅴまでもたせるっていうのもありか(笑)。

いやはや。もう鏡があってもなくてもどうでもよくなってきました。

そこでの争いはスルーして中盤にでも行ってみようかな。それはありなんだよなー。それかライカ。

●デジカメwatch

●一般ユーザの声

須田誠 写真教室9月生募集中!➡詳細こちら!

 

ダイアログ・イン・サイレンスに行ってきた

ダイアログ・イン・サイレンスに行ってきました。

写真は目だけで撮っているのではなく、全身で撮っているのだなと改めて思った。

気が付かないけど耳も使って撮っているのだ。

目だけで撮るんじゃない。

人間の持つ能力全てを使って撮るんだ。

◇  ◇

感覚派の人にはぜひおすすめです! 行ってみて下さい。
なんだからわからないっていう人こそ体験してみてください。

8/26までです。まだチケットあるようなので夏休みにぜひ!

ダイアログ・イン・サイレンス
開催期間:2018年7月29日(日)~8月26日(日)(29日間)
開催場所:LUMINE 0 NEWoMan新宿 5F/東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55
開催時間:11時スタート~19時半スタートの回まで、1日20回開催予定(体験時間:約90分)、各回定員12名
参加費:大人 4500円 大学生 3000円 小・中・高校生 2000円

写真表現力アップクラスの魅力を語る!

先月卒業したばかりの生徒さんかた、クラスに参加しての感想をいただいたので共有したいと思います。

<写真集を創ろう!>写真表現力アップクラス!は基本的には初級クラス修了の方が対象なのですが、やはりどうしても参加したいという方も多く、広く門戸を開いております。

須田誠写真哲学(生徒いわくスダイズム)がハートにビーンと響いて、頭ではなくハートで理解してくれている人にはとてつもなく魅力的なクラスだと思います。

例えば写真にとって一番大事なことは?と初級クラスの最初で聞きます。

答えは…

「感謝です」と答えます。

写真と人生は同じです。そうです、上手くなればなるほど感謝を、高級機材を持てば持つほど感謝を忘れてしまいがちです。初心に戻れば、写真は感謝なのです。

良い光。良い影。良い被写体との出会い。良いカメラとの出会い…。すべてですね。

 

では早速感想をお聞き下さい!

◆ ◆

●ストリートのおじさんを撮り下ろした名作。タイトル「ベテランエンジン」を作ったもちの感想です。

初級80期、ステップアップ5期、実践編、表現クラス19期卒の、もちです。

表現クラスに出てよかったことは、自分に、すこしだけ自信がついたこと。
そして、最高の仲間たちと出会えたこと!!

3ヶ月、たくさんの時間を過ごすし、写真のレビューをしあったり、内面を解放する機会も多いので、クラスメイトとは、最高の戦友になれると思います。

そして写真集制作に向かう時間は、マジで、マジで、マジで、自分との闘いです。かなり辛かったけど、そこから学んだことはたくさんあるし、宝物のような経験になりました。

そして好きなことをがむしゃらにやりきったときの気持ちは最高!!!

写真がもっと好きになるし、もっと新しいことに挑戦したくなる。

それと、自分もちょっと好きになれる、かも。そんなクラス。

とりあえず超たのしいから行ったほうがいいよ!!!!笑 (もち)

 

●今回、再受講で三部作という大作を作ったアイさんからの感想です。そうなんです。魔法があるんです。写真の神様が降りてきちゃうんですよ、表現クラスって。

表現クラス13期 & 19期(←表現再受講)、初級64期、ステップアップ1期卒のアイです。

先日、19期を卒業しました。今回表現クラスを再受講してみて、やっぱり写真が大好きだ〜!と心底思いました。そして、他の受講生も感想に書いていましたが、本当にすごく良い仲間にも出会えて最高の時間になりました。

表現クラスには、本当に不思議なことにたくさんの魔法があって、自分だけでは絶対にできないようなことが、いきなりできてしまったりします。

普段だったら思いつかないような事をひらめいたり、普段見えないようなものが見えるようになったり、感動できるようになったりします。

須田先生のカリキュラムの素晴らしさやその場の持つ何かパワーのようなものがあって、誰でも最後には1冊の素敵な写真集を手にします。←本当に誰でも。

ちょっと停滞気味だった自分と写真との関係をリセットすべく、今回3冊の写真集を作ることに没頭した数ヶ月でしたが、とても良い経験になりました。

写真集そのものもできあがって嬉しいんですが、その紙をめくる事でそこに詰まっている時間や思いを感じることができて本当に素敵な宝物になりました。

最近スマホしか触ってない人、パソコンばっかり見ている人、なんだか仕事に疲れてる人、初級クラスを受けたばかりで悩んでる人、写真と疎遠になってしまってる人、自分の写真に自信が無い人、機材マニアの人、にも特にオススメします。すごく良い時間になると思います。

それと!表現クラスの再受講を悩んでいる方がいたら、すごくオススメです。自分の写真の変化に気づけてすごく良かったです!

また落ち着いたら魔法にかかりに来たいと思います。(あい)

 

●何しろ楽しい! モノづくり。写真集は音がします。匂いがします。ジブンが作った作品はこの世に一冊しか無い最高傑作になりうるのです!

表現19期、初級クラス79期、ステップアップ、実践編のしんです。

仕事で忙しくなりそうなのが分かっていたのですが、参加して大正解でした!

このコースで得られたことは、「写真の楽しさに気づく」ことと、「良い仲間に出会えた」ことです。

この表現クラスの素晴らしさを文章で表現するのは難しいのですが、写真の楽しさを思い出させてくれるコースです。カメラの使い方ではなく、表現についてがっつり学んでいくコースです。

そして、一緒に学ぶメンバーとの表現の違いに、お互いで良い影響を受けて学んでいくのがとても楽しかったです。

正直、途中まで「写真集なんて完成させることできるかな」って自信がなかったのですが、須田先生の教えどおりに課題をクリアしていくことで、自分の表現したいものが見つかって、とても良い写真集を作ることができました。

なので、不安な方も安心して参加してください。きっと最後には良い写真集が完成して、自分のスキルアップを感じることができます。

自分のために作る写真集なので、プロの写真家にも負けない世界で一番素敵な写真集になるはず!そして、作り終える頃には次の写真集を作りたくなっているはずです(笑)

他のコースと比べて、一緒に学ぶメンバーとの絆が強く、とても楽しい3ヶ月でした。カメラ教室じゃない日もメンバーで集まって、写真集について相談したり、一緒に即興劇を見に行ったり、とても楽しかったです。

本当に良い仲間に出会えたと思っています。
アフター(授業後にみんなで写真展や美術館に行ったり撮影会をしたり)も、いつも楽しくて、アフターでもいろんな気づきや学びがありました。

来年、また表現クラスに参加したいと思います。(しん)

 

●機材&技術派の彼が叙情写真派に変身した瞬間です。とても嬉しいです。機材や技術が先ではなく、写真を撮るために機材や技術が必要になってくる。そうあってほしいです。作品:「レンジーの不思議な冒険」

あまり、深く考えずに参加したのですが、大正解でした。

よく考えられたカリキュラムで、どんどん巻き込まれていきます。

何を作ろうかなーってところから始めたのですが、なんだかいつのまにか、写真集のテーマが決まってくる。このカリキュラムであれば誰でもできるなーって思います。

なぜつくるのか、なにをつくりたいのか、なにが好きなのか、自分の中にある興味とか発想を整理して行く感じ。写真を撮るのではなく、「写真集というモノを作る」んだという気づきも良かった。写真だけではなく、絵や音楽なども見方が変わる。一生ものですね

初めての経験なのでもたもたしたこともあったけれど、完成させて自信がついた、やり切った感があります。既に次に作りたいものが2,3出て来たー。こんなことはなかったなー。

最高のメンバーと須田先生。アフターでも楽しく遊びました。それも大事な学びでした。まじ、コスパいいです。ちょっと落ち着いたらまた参加したいなと思ってます!!

<写真集を創ろう!>写真表現力アップクラス!はこちら。
20代、30代の女性が多いクラスです。女子カメラ、写真が好き、旅行が好き、食べることが好き!