WEB連載【本ができるまで】#0022

【本ができるまで #0022】
そんな矢先編集のSさんからメールが入った。

「たいへん長らくお待たせしました。写真集につきまして、9月出版を目指してぜひ制作をさせていただきたいと社内で相成りました。今回のご縁を大切にしたい、また須田さんの熱い気持ちにお応えしたいと思っております」

やった!
YES!
ついに! 出版決定だ!

3月31日 雨
さっそく諸条件について話し合うために編集のSさんと、営業のMさんと東京で会うことになった。

この日は額装した写真を持っていくつもりだったのだがかなりの雨。しかしこの大事なタイミングで額装した本物の写真を見せておきたかった。これが写真なのだと。

濡れては困ると思ったが、次のタイミングではない。今回見せておかなければ。しっかりとビニールで梱包して濡れないようにして持っていった。幅が1mはあるので電車でも歩いているときも持ち運びが大変だった。

SさんとMさんとプレゼン以来の再会をする。そして印税、発売時期、今後の段取り、プロモーションなど主要な説明があった。

メジャーな出版社から出版する意味を考える。もちろんキューバ作品の全撮影が終わってからかなり時間が経っていたので途中では自費出版も何度も考えた。見積もりも取ってみたりした。自費出版というと独特なマイナー感がある。若干ネガティブな立場とでもいうか。

音楽の世界では当たり前の世界なのに本となると感触がまったく違う。CDなど音源をライブなどで手売りしたり、ネットで販売していく。それで沢山売っているアーティストもいる。もちろん写真集でもそういった販売方法でかなり売っている作家さんもいる。

インディペンデントのパブリッシング・レーベルからのフォトブック、リリースとか言えば、自費出版でもなんとなく雰囲気は良い。同じ意味でも印象が変わってくる。色々なやりかたはあった。

自費出版の方が、出版社を通すよりも自由に編集できるし、利益率も高いので儲かる。しかしデザインも内容も誰にも文句は言われない代わりにすべてを自分で決めて段取りしなければならない。楽のような苦痛のような。

しかし、個人で広告、宣伝、営業をやるには限界がある。コネクションもないし、47都道府県の書店に知り合いがいるわけでもない。一人では日本中の書店に営業に行くのは非現実的だ。

グーテンベルクが印刷技術を発明して聖書が世界中に広まったように、ライブだけが伝達方法だった音楽がレコードの出現で世界中に広まったように、メディアを広げるには手法が必要だ。

本を沢山売りたい。

「売れる」ということはイコール、僕のメッセージが沢山の人に伝わるということだ。有名になりたいなんてこれっぽっちも思っていない。そんなの面倒くさいだけだ。しかし作品は多くの人の手に渡ってほしいと願う。メッセージが伝わること。それが本を出すことの本質であるからだ。

だからメジャーからの商業出版にこだわりたかった。

*

ありがたい時間だった。

僕のメッセージを理解してもらい、出版してくださるということ。それに最大の感謝をしなければならない。本当にありがたい話だった。

*

ミーティングを終えてカフェを出る。まだ雨は降っている。しかし僕は晴れ晴れとした気持ちで傘を差し編集のSさんと一緒に歩きだす。

(え?)

Sさんは、傘をさすのはあまり好きではないと言い、ヤッケのフードを被り濡れながら歩きだした。

あー、この人信用できるなと思った。

つづく…

 

 

 

 

 

 

#キューバ #治安 #観光 #本ができるまで #本 #写真集 #いろは出版 #キューバ #thephotosociety #filmphoto #cuba #photobook #portrait #Cuba_Gallery #VisitCuba #travelphotography #igersjp #bookdesign #instagood #icu_japan #graphic #tokyocameraclub #写真 #ハバナ #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #夢 #デザイン #読書 #エッセイ #世界旅行 #装丁

情報解禁!須田誠写真集『GIFT』公式サイト公開!

ついに情報解禁!!!!!
2017年秋、須田誠 写真集、新作発表です!

足掛け12年。あるキューバ人家族の物語。
<幸せとは目の前にある愛だとキューバが教えてくれた>
2015年アメリカとの国交再開直後のキューバの貴重な写真も満載です。
撮り下ろし、未公開カットも多数!

その名も、

『GIFT』

いろは出版さんより公式サイト『GIFT』ができましたので公開です! 今後の日程などはこちらをチェックしてみてください!

それに合わせて
WEB連載 『本ができるまで』も公開していますのでリアルタイムな赤裸々な須田誠の作品制作の過程をお楽しみあれ! 何社にも断られ続けたり、どうやってプレゼンしているかなど興味深い話満載です。

では秋の発売をお楽しみにお待ち下さい!

ありがとうございます。
須田誠

●GIFT公式サイト
●オフィシャルサイト+WEB連載
●Instagram
●Twitter
●いろは出版

WEB連載【本ができるまで】#0021

【本ができるまで #0021】
編集担当のSさんが新婚旅行にキューバに行くというので、キューバ人の友達ロネルの家を紹介した。といっても彼とは連絡が取れないのでSさんには突然訪問していただくしかなかった。初めてのキューバでまったく知らない人の家に、いるかどうかもわからないのに訪問するという。

僕はSさんにロネル宛の手紙を託した。
「ロネル。我が友よ。元気ですか。こちらは元気です。彼女夫婦は僕のアミーゴです。何か困ったことがあったら助けてあげてください。またぜひママの美味しいご飯を食べさせてあげて下さい」と書いた。

それにしても今回の写真集の主人公でもあるロネルとこのタイミングで担当編集者が当の主人公に会いに行くなんて奇跡としか言えない。

そしてSさんは無事キューバから帰国し、ロネルとも会い食事も食べさせてもらったという。良かった。あの家族の暖かさを体験できたならそれでよい。言葉には表せない熱いものを持って帰ってきたようだ。

そんなキューバ行きのやりとりをしつつも、出版決定という知らせには至らなかった。かれこれ二ヶ月近く経つ。印刷会社、予算、社内でのコンセンサスなどに真剣に取り組んでくれていて時間がかかっているのか。それともペンディングになってしまって他の案件が優先されているのか。想像するしかなかった。出版できないのであればそれはそれでよい。できないのであれば次の売り込み先へアタックしたいので早くダミーブックを返してもらわねばと思っていた。

そんな矢先編集のSさんからメールが入った。

「たいへん長らくお待たせしました。写真集につきまして、9月出版を目指してぜひ制作をさせていただきたいと社内で相成りました。今回のご縁を大切にしたい、また須田さんの熱い気持ちにお応えしたいと思っております」

やった!
YES!
ついに!

つづく…

#本ができるまで #本 #写真集 #いろは出版 #キューバ #thephotosociety #filmphoto #cuba #photobook #portrait #Cuba_Gallery #VisitCuba #travelphotography #igersjp #bookdesign #instagood #icu_japan #graphic #tokyocameraclub #写真 #ハバナ #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #夢 #デザイン #読書 #エッセイ #世界旅行 #装丁