カメラ戦国時代。キャノン派としてはSONYを越えて欲しい

デジカメinfoというサイトにこんな記事があった。
「キヤノンとニコンのフルサイズミラーレスカメラに求めるものは?」
—————————————-

1. 既存のレンズ使用時の完全な互換性、完全なパフォーマンス(13.0%)
2. 高画素センサー(11.3%)
3. スポーツ撮影対応のAFシステム(10.7%)
4. リアルなファインダー(10.2%)
5. ボディ内手ブレ補正(7.9%)
—————————————-

今、カメラの時代が変わる真っ只中にいると思う。僕はこれを「カメラ戦国時代」と呼んでいる(笑)。いやカッコ笑いなんて言ってる場合ではない。

現在のメイン機はCANON 5DⅢ。

SONYがα7Ⅲを発売してからというものカメラ業界は混沌としてきた。特にキャノンとニコンは今後どうしていくのか早く発表をして欲しいものだ。周りでもどんどんとSONYへとシステムを乗り換えていく声が聞こえてくる。もうSONYのミラーレスに乗り換えた人はキャノンやニコンには戻ってこないだろう。あれだけの大枚をはたいているのだから。

僕もSONYを持ってみてこれは最新鋭機だと思った。電子ファインダー以外は文句のつけようがない。

よし!これを期に乗り換えようか。そう思った。小型軽量だし…と思ったのだが、パンフレットを見て重量を足してみると、高級レンズを付けると実は5DⅢとほぼ変わらない重さだという計算になった。これは肩透かしだった。なので即乗り換えるという気分でもなくなった。

じゃ、どうすんだっていう。

5DⅣはなぜかそれほどの魅力を感じない上に高額だ。

じゃ、どうすんだっていうことですよ。

5DⅤ(ファイブ)が発売されたら即買い(笑)。そんなものは全く発表などされていないけどキャノンの「5」は昔からなぜかいい。キャノンも「5」という数字は意識しているはず。ゴロもいい(5D5)し、字面もいい。何よりも僕が初めてメインとして買ったカメラが「EOS 5」という知る人ぞ知る隠れた名機だったこともある。

ミラーレスカメラが実像の見える光学ファインダー(いわば普通のファインダー)ならば即買いなんだけど、やはりどうしてもあの電子ビューファインダーがいかんせん見にくい。慣れだということもわかってる。買ってしまったら諦めもつくし、それでやっていくしかないのでそれで撮っていくだろう。

電子ビューファインダーが見にくいとユーザーが言っていることぐらいはSONYもマーケッティングできているだろう。もちろんキャノンもニコンも百も承知だろう。

話しはトップの話題に戻る。4番の「リアルなファインダー(10.2%)」が現実になれば素晴らしいミラーレス時代の幕開けになるのではないかと思う。今までだってできなかったことがどんどんと現実になってきているのだからありえないことはないだろう。

考えてみたら、昔、手ぶれ補正機能なんてなかったのだから。

あったのは「気合」だけ(笑)。

ということで僕が求めている次世代カメラは、5DⅤミラーレス軽量一眼、実像ファインダー、瞳AF機能、手ぶれ補正10段、ISO感度400万でノイズ無し。

でどうでしょうか(笑)。

ともあれ、何か早く結論というか方向性を見せてほしいものです。

 

追伸:実はミラーレス問題を考えている間にこんな買い替えアイディアも現実的に考えました。5DⅢにカールツアイスを付ける。フジの中版GFXに移行する、思い切ってフィルム・ライカ!! この辺はまた改めて書いてみようかな。

 

MAKOTO SUDA
PHOTO SCHOOL!

 

9月1日スタート初級クラス募集中!

 

心に響く写真が撮れるようになる

 

 

【NEWS・August】

●須田誠 写真教室  秋季・初級2クラス募集中!

88期・1500名を越える卒業生。写真仲間ができる! 渋谷校/下北沢校
➔詳細はこちらから!

●8/26(日)EPSONプリント講座満席です。ありがとうございます。

●最新写真集『GIFT from Cuba』好評発売中! 写真:須田誠

オダギリジョーさんから推薦文をいただきました!
「そしていつのまにか僕は泣いていた」

➔詳細はこちら!
➔Amazon

 

秋季・初級2クラス募集開始!

9/1(日)週末クラス!! 下北沢校・授業後のお散歩撮影会なども充実!

9/5(水)平日クラス!! 渋谷校・会社帰りに写真でリフレッシュ!

参加申し込みはこちら!

詳細はこちらから➡https://goo.gl/Ma8w1X

 

※写真は、つい先日ありました「写真集を創ろう!表現クラス」の発表卒業式にて。

富士フィルム✕マグナムのHOME

見てきましたよ。HOME

マグナムという写真集団。

写真をやっている人で知らない人はいないと思いますが、有名だから凄いのではなくてやはり哲学からしっかりしているから凄いのだと思いました。

マグナム・フォトは、記録と芸術としての写真の力を通じてヒューマニズムを追求するという理念を1947年の結成以来70年間ものあいだ連綿と受け継いできました。

HOMEのサイトより抜粋。

今回の写真展を見て、単に戦場や社会問題を写しているだけの集団ではないのだなと痛感。

特別なテーマ、誰も撮りえない、劇的な写真ばかりが表にはでてきます。でも今回のテーマはとても身近な「HOME」。これを読んでいる、写真をやってない人にでも当てはまるテーマ。

こうして大々的に世界巡回展となると「おー、凄いテーマだな」と思われがちですけど、iPhoneでもコンパクトカメラでも誰でもこのテーマで撮れるわけですよね。

撮れるわけ、というか、もうすでにみんな撮っていると思います。お父さん、お母さんがアルバムという写真集にしてくれているかもしれません。

それはコンテストに出すとか賞をもらうとかじゃなくて、本当のHOMEが写っている。世界の誰にも負けないHOME。マグナムにも絶対に負けないHOMEが撮れているはずです。どんな写真家にも負けない「LOVE」が写っているはずです。どんな編集者やデザイナーよりも強い写真集が押入れの中にあるはずです。

実はボクたちも、マグナムのメンバーになれるぐらい凄い写真家なのだと思います。

この写真がとても好きでした。
母親と赤ちゃんがともに共鳴して感激のあまり泣いているような感じがして。

 

追記:写真は撮影してSNSにアップしてよいとのことでした。#home