写真アフォリズム022「見えないものを撮る。それが写真」

心に響く写真

それは普遍的に、往々にして、見えないものが映っている写真

愛 記憶

脳内 感情

言葉 声

優しさ

思い 祈り

時間 

音 匂い 味 

空気

未来

見えるものは赤ちゃんだって撮れる。

見えないものを撮る

それが写真

 

 

須田誠 写真教室

写真アフォリズム「ダイヤモンドのように光り輝く街の灯にピントを合わせ」

みんな百万ドルの夜景を目の前にしたら撮るだろう

そうさダイヤモンドのように光り輝く街の灯にピントを合わせ

でも沢山の灯と灯の間を埋めるように黒い部分があることに気づいていたかい

その黒い部分にこそ本当の生活と大切なものがあるんだよ

画像1

須田誠 写真教室の今日の様子!教室は👉https://goo.gl/Ma8w1X

希望➡新時代

先日、どうしても機材の受け渡しで会わなければいけない友達がいた。一年半ぶりぐらいの再会だった。
 
握手もハグもせず、マスクをしたまま2m離れて話をした。
 
やつは、こんな混乱のご時世に「夢」を持っていた。それもかなりロングスパンの大きな夢。それは「希望」そのものだった。
 
久しぶりに思い出した言葉だった。
「希望」という言葉。
 
それは自分がヤフーニュースとツイッターという洞窟の中に生きていたことを気づかせてくれた。
 
今、時代から一番遠くにあるその二文字を持っている人間に会ったことでシナプスがスパークした。彼が僕を光の差す洞窟の入り口まで連れ出してくれた。
 
彼と分かれてから1人、しばらく次の用事のため、全面ガラス張りの広い部屋にあるソファに座ってボーッとしていた。

部屋は明るかった。
何も考えていなかった。
思考もなくなんだか体がジーンとしていた。
どれぐらい経っただろう。
 
急に言葉が降ってきた。
 
「新時代を作り上げるんだ」
 
それがどういうことかは今は具体的にはわからない。
 
ただチンパンジーが骨を放り投げたときのようなことなのかもしれない。
 
「希望」という言葉とともに。

           須田誠 2021年8月24日

須田誠写真教室2