物語『GIFT from Cuba』

2002年。初めてのキューバ、首都ハバナ。空がオレンジに染まるころ。海岸通りの防波堤。釣糸一本で釣りをしていたカップルがいた。名前をロネルとロサと言った。それがロネル一家との物語の始まりだった。

出来事はみな<正確な偶然>だ。
 
それからロネル一家と一ヶ月を過ごす。本当の家族かのように親切にしてくれる。こんなに暖かい人間がまだ地球上にいたことに驚く。キューバが大好きになった。2003年もキューバへ向かい一ヶ月滞在。帰国の際には家族全員で号泣の別れ。

その後、僕は日本で忙しくなりキューバへは行くことができなかった。彼らに手紙を出し続けたが一切返信はなかった。

時は過ぎ2015年。元オバマ大統領が54年ぶりに国交再開をするという衝撃の発表をする。僕は即座に激動のキューバを撮影するためにキューバへと飛んだ。それよりもロネル一家との再会を楽しみにしていた。

12年ぶりのキューバ。早速ロネルの家へと向かう。ところが信じられないことに彼は無実の罪で刑務所に入っていた。12年ぶりの再会の夢が…。ありえない<正確な偶然>。僕が滞在しているたった二週間の間に三日間だけ仮出所してくるという。

キューバの歴史的な瞬間を撮りに行ったのだが、くしくもロネル一家の激動の三日間を追うことになった。息子と母。息子と父。家族。本当の幸せとは。本当に大切なものはなんなのかを教えてくれた涙のLOVEドキュメンタリー。


一本の静かな映画を観たようなそんな気持ちになった。
そしていつの間にか僕は泣いていた。
オダギリジョー

『GIFT from Cuba』on sale (Amazon)
写真教室にご参加の生徒さんには、特別割引&サイン付きでお渡ししております。

 ◇


■著者プロフィール
須田誠。東京出身。写真家/アーティスト
ニューヨークに滞在二年、世界撮影旅行二年を経て写真家となる。

帰国後、東京都写真美術館内のカフェにて開催した写真展が好評を博し、2007年『NO TRAVEL, NO LIFE』にてA-Worksよりデビュー。第5刷・25,000部を突破。ニューヨークにあるNY近代美術館 MOMAでも発売される。

EXILE、オマーラ・ポルトゥオンド(映画ブエノビスタ・ソーシャルクラブ)、等、多くのアーティストとコラボ。フランス雑貨プチコキャンとのコラボ作品はフランス本社でも好評を博す。世界中で人物撮影を中心にアート分野でも活躍。ファッション誌DUNE編集長林文浩氏、旅学編集長池田伸氏、EXILE・USAらから高い評価を受ける。

現在、毎月開催されている『須田誠 写真教室』は、すでに100期を越え、受講生は延べ2500名を越える信頼の都内でもおすすめNo.1の写真教室。

■WORKS:
・個展『NO TRAVEL, NO LIFE』ジャパン・ツアー
・NHK BS-1『東京ファッションエクスプレス』
・雑誌『月刊EXILE』
・雑誌『旅学』創刊号表紙
・Dance Earth/EXILE・USA アリゾナ・セドナで撮影
・高橋歩『World Journey(10万部)』に多数写真提供
・CDジャケット、アーティスト写真多数
・BS熱中夜話「一人旅」出演
・BEAMS Tから須田誠オリジナルTシャツ発売。
・ファッション専門学校VANTAN、自由大学などで、講義、文筆活動なども精力的に行う。

■著書:
GIFT from Cuba/いろは出版刊 2017年10月発売!
NO TRAVEL, NO LIFE/A-Works刊 現在第5刷 25,000部突破!!! 
 五度目の舞台化! 全公演完売!
・DANCE EARTH(Arizona)/EXILE・USA  A-Works刊
・パパ・BOOK/A-Works刊
・WORLD JOURNEY/高橋歩著 A-Works刊
・平和を考える3600秒 子どもの写真で見る 世界のあいさつことば/
 稲葉茂勝著 今人舎刊
・恋に落ちてベトナム(電子書籍)/マイカ
・トラベルフリーク・テックス・リミックス(電子書籍)/マイカ

■須田誠 写真教室
■須田誠オフィシャルサイト
■FACEBOOK 須田誠(2800名)
■Instagram
■Twitter
■今日の教室の風景

なんと!再演決定!舞台『PLAY JOURNEY!』

信じられませんが、原作『NO TRAVEL, NO LIFE』の舞台が、

全公演完売
 ↓
立見
 ↓
追加公演・完売
 ↓
再演希望多数!からの
 ↓
再演決定で!
 ↓
すでに一日が完売という涙ものの嬉しさ!
(今、ここ)
もちろん写真展も続行決定!
 
【舞台『PLAY JOURNEY!』】
https://www.travel-ent-hostel.com/

新里鉄太郎、
楠田敏之
千歳ゆう
園村将司
鈴木亜紀
須田誠

著書『NO TRAVEL, NO LIFE』が五度目の舞台化!!!!
 
同時写真展開催 & アフタートークショーやります!
 
タイトル:PLAY JOURNEY!
原作:須田誠『NO TRAVEL, NO LIFE』 

脚本:吉田武寛(LIPS*S/ILLUMINUS)
演出:新里哲太郎
 
本作は2016年に舞台化され二年連続全21公演完売!という人気ぶり。他にも朗読劇(6公演)としても使われました。

なんと今回は会場が演劇場ではなく、今東京で一番ホットなゲストハウス「WISE OWL HOSTELS TOKYO」のバーで行われます(日本の最優秀ホステルとして2019 KAYAKトラベルアワードを受賞)。

このGHのコンセプトがめちゃカッコいいので読んで下さい。文末に掲載しました。 脚本もキューバ編とアジア編に分かれているとのこと。

舞台に合わせて写真も展示します。ぜひこちらもご覧下さい!!

君達に必要なのは凡庸な長時間の睡眠ではない。へとへとになるような充実した経験とくたくたになったあとの短時間の良質な眠りである。眠っている場合ではない。東京を体感せよ。昼夜を問わず感度を高めよ。それが旅のあるべき姿だろう。

懐中電灯の電池

みなさんいかがお過ごしでしょうか。まだ大変な場所にお住まいの方もいるかもしれません。引き続きお気をつけてください。

 ◇

さて、カメラをやっている人だけ(かも)に共有します。

今回の台風に備えた買い物で一つだけ買い忘れてしまったものがありました。懐中電灯などに使用する乾電池です。

しかし、やべーと気づいた時にはすでに時遅し。外は買いに行ける状態ではありませんでした。

どこかに予備はないかと引き出しなどをかき回してみましたがありませんでした。

しかし意外なところに8本も単三電池がありました! 

それはストロボ用の乾電池です。エネループなので撮影に使用した後はすぐに充電するようにしていましたので満タンの状態。

ぜひ覚えておいて損はないかと思いますので共有しておきます。ストロボを持っていればの話ですが(笑)。

PS:家中の目覚まし時計とか掛け時計とかおもちゃも単三電池を使っているものが多いかもしれませんね。

  

 須田誠 写真教室11・12月生募集中

TABF/TOKYO ART BOOK FAIRE

今日、TABF(TOKYO ART BOOK FAIRE)に行ってきました。膨大な楽しい本が満載です。一、二時間では見れないのでそのつもりでー。 
 
最低四時間、ガッツリ全部見たい人は六時間以上は必要かな(笑)。最後は集中力(笑)。
 
お勧めの回りかた。入ったら右側のブースをどんつきまで見る。引き返すように左側のブースを見る。もうこれだけでかなり疲れる(笑)。
 
左側を見ながら進むと途中で地下に行くエスカレーターがあるので地下へ(しかし沢山ありすぎて気が萎えるw)。一階に戻ったら残りの左側ブースを見る(気力があれば)。

加えてトークとかライブとか、外にも本屋、フードなどあるので、まる1日の覚悟か、一泊二日ぐらいの勢いで行くといいですね(笑)。 

 

上の写真のリトアニアの出版社の作品は良かったなー。アイディアが素晴らしかった。本の装丁って自由なんだな。ベニア板の表紙。缶詰の本。箱詰めの本。この良さは手にとって見ないとわからないのですが。ほんと本っていいな。かなり刺激されました。アーティストが出版もやっているそうです。全作品99部限定というのもコダワリがあっていい。

 

紙フェチにはたまらない企画! みんな詰め込んでました(笑)。僕もやろうと1000円を払おうとしたのですが、裏面が使えないことに気が付きやめたました。

 

デカい! 1mぐらいある本。こういうのを一度作ってみたいな。30万円ぐらいらしいです。

さあ、見終わったら、ぐったりするか、すぐさま写真集を作りたくなっていてもたってもいられなくなるかのどっちかですね(笑)。
 
もー、今すぐにでも作りたい! 新作作りたい!

ZINEで自分で作って出版したい!
 
では、楽しんできて下さい。紙や本が好きな人には天国ですので!

 

須田誠 写真教室・初級クラス
7/14スタート募集中


  

「THE PAPER」創刊号に紙面一面で!

【朗報 その2】
「THE PAPER」創刊号に紙面一面で大きく扱っていただいました! どれぐらい大きくかというとキースヘリング大先生の記事よりデカい(笑)! というか全面なので自ずと一番大きいのですが(嬉しい!!)

何しろサイズがデカいです! タブロイド版というサイズで460mmx310mmです。超デカ! 新聞ぐらいの大きさ。

内容は、Art and Lifeがテーマのアート、カルチャーなどが掲載されたおしゃれな紙のメディアです。雑誌でもなく、新聞でもなく、なんて呼んだらいいんだろう。

とにかくこの書籍が売れない時代に、フルカラーの紙媒体で、かつタブロイド版というお店に置きづらいサイズでの発行ってそれだけで凄いです。それもこれフリーペーパーですよ!

これ、ぜひゲットしてください。部屋にも飾れるようにという意図もあってシンプルなレイアウトにしていただきました。

設置してあるお店などの一覧は後日ご紹介しますね!

ありがとうございます。

須田誠 写真教室
https://travelfreak.jp/ws-beginner/index.html