写真展示もライブでやります!

明日、プレジャニ京都編での舞台✕写真✕ペインティングのインスターレーション初日です。舞台も、ペインティングもライブ。

ペインティングが終わった写真を展示するのも観客が見守る中ライブで展示します。3mもの特注キャンバスから外して、展示の壁まで運んでワイヤーに吊るすという。

さすがにライブで展示って初めてかも(汗)。机上のアイディアではパーフェクトなんだけど、ライブだから、さあどうなることやら。

写真はトップバッター写真家カタギリミオの作品。6x6という大きなフィルムカメラで撮影しています。かなりモノを見る良いセンスを持っているフォトグラファー。

ここに明日桜が咲きます。ペインターはErickというカナダ人。

 ◇
 
<ステートメント>
満開の桜を目にすると「わぁ」と思わず声が出る。しかし冬の桜の木は違う。枝が所々切り落とされていた。その姿を撮影することに躊躇したが、これは剪定という春に向けて花を咲かせるための必要な行程だと知った。不要なものを切り捨てて生き抜いていく強さを持っていた。東京の新たなシンボル、スカイツリーの足元で、冬には誰も目もくれない桜だが、また春には淡く色づき私達に新たな季節の始まりを教えてくれる。江戸時代から人々に大切に育てられ、愛されてきた桜は、めまぐるしく発展してきた東京を見つめながら2020年の今年も変わらず花を咲かせるだろう。

カタギリミオ
https://www.instagram.com/karimi30/
 
Erick
http://ericdiotte.com
 
プレジャニ京都編!
http://play-journey.mystrikingly.com/
 
#プレジャニ #須田誠

【朗報!京都公演決定!】

舞台『PLAY JOURNEY!』の京都公演が決定しました!!
そして今回は須田誠がキュレーターとして参加!! 

写真✕舞台✕アートのコラボでインスタレーションを行います。その写真部門をキュレーションさせていただきました!

京都公演の内容が濃すぎるのでまとめるとこの三つ。

1.舞台『PLAY JOURNEY!/キューバ編』←須田誠原作の写真集!
2.舞台『PLAY JOURNEY!/京都編』←吉田武寛氏の書き下ろし新作!
3.舞台・京都編の演技の背景として写真を設置し、ライブペインティングするインスタレーション

その背景写真のコンセプトは「京都で一番早く桜が見れる!」です。

東京の三人の写真家がそれぞれの感性で関東の枯れた桜の木を撮影。プリントサイズはなんと1作品が約1m✕3mという大きさ!

そのキャンバス地にプリントされた写真の上に関西の三人の画家が桜を描き上げていきます。一日1公演で1作品が描き上がる流れ。舞台が終わると同時に壁に展示していきます。

製作期間も3日間に渡り、ラストは約9mの桜の作品が完成するという大作!!

◯写真家:
 須田誠(+キュレーター)
 Ali Yokota
 カタギリミオ

◯画家:
 ERIC
 村山大明
 (and more)

◯俳優さんは、ILLUMINUSでおなじみの面々!
 脚本演出:吉田武寛
 演出原案:新里哲太郎 演出:長谷川雅也(キューバ編)

 風間庸平
 中谷智昭
 谷茜子
 植野祐美
 千歳ゆう 他
 ピアノ E.watson(SALVALAI)

舞台と写真の展示場所は、京都にグランドオープンするWISE OWL HOSTELS KYOTOのラウンジになります。

上演とセットになった旅のプログラムがあるようなので詳細は下記サイトを参照してください。皆様のお越しをお待ちしております!

☆PLAY JOURNEY!京都編
http://play-journey.mystrikingly.com/

どんな作品が完成するのか楽しみです!

#写真 #カメラ女子 #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #プレジャニ #プレジャニ京都編 #京都

年賀状2020 黄金比なネズミ!

明けましておめでとうございます!
今年もみなさんにとって黄金のような輝かしい1年でありますように!
 
黄金は人によってそれぞれでしょう。お金かもしれません。素敵なパートナーかな、家族かな、健康かな。高級なカメラかな(笑)。
 
2020年、素晴らしい黄金が手に入りますように!!
 
Peace Out!

(僕が放浪をしている時に旅人が教えてくれた言葉です。Peaceがどんどん外へOutして広がっていくように!という意味です)

年賀状の図案を年末からずっと考えていたのだけれど全然アイディアが湧かなくて、昨日、黄金比を見たら「おお!これってネズミじゃん!」と思って描いてみました(笑)。でも年賀状を書いてないっていう(汗)。年賀状のお返事、お待ち下さい!

今年は100期を迎えるという須田誠 写真教室にとっては非常に記念すべき年でした。

これもみなさんが参加してくれたおかげです。本当にありがとうございます。沢山の写真が好きな人達が集まってくれました。とても嬉しいです。

今年は東京校も開校しました。

やはり12路線が使えるのが利点なのか毎回満席。それに合わせてナイト撮影会という新しいアフタークラスも発足(夜はなぜかテンションが上がるので単発授業として開講もしたいな(笑))。

2020年は2月から表現平日クラス開講です! その次の表現は5月からかな。

みんなからリクエストの多いフィールドワーク、わかりやすく言うとお散歩撮影会(笑)も増やしたいなとは考えています。

須田誠個人的には、2020年の展示のオファーが2件、新たなる写真プロジェクトが1件とありすでに動いています。お楽しみに!

一番やりたいのは、本の制作なんですけどね。スダ語録もまとめたい。メジャー、私家版、ZINEと形態は問わず「本」が作りたい。どっちかというとダミーブックのような手作りの本が作りたい。

ということで今年もみんなと楽しい時間を過ごせたことに感謝しています。

2020年も写真を通して一緒に楽しことをやっていきたいと思っています!

みなさんにとっても2020年、良い写真の年になりますように!

本当にありがとう。

WE BELIEVE PHOTO POWER!!
ボクたちは写真の力を信じてる!!
須田誠