待望の新設!大手町クラスもスタート!

『心に響く写真』の撮り方を教えています!

●98期生・5月 日曜クラス 全4回

5月12日(日)11:00~13:00+交流会
5月19日(日)11:00~13:00+交流会
5月26日(日)11:00~13:00+交流会
6月02日(日)11:00~13:00+交流会

※会場は下北沢校です。ファッショナブルでクリエイト発信地でもあるシモキタ! 
⇒欠席の日は次月以降に振替受講が可能!
⇒交流会参加費300円! 参加・退出自由です。
⇒土日クラスは交流会後にみんなで写真展や美術館に行ったり、撮影会を行なったりが一つのお楽しみです!!(自主企画ですので変更の可能性もあります)

お申込はこちらから!


●99期生・6月 水曜クラス 全4回

☆新設・大手町校です!!☆★☆

6月05日(水)19:30~21:30
6月12日(水)19:30~21:30
6月19日(水)19:30~21:30
6月26日(水)19:30~21:30

※会場は大手町校です。12名限定クラス。 
大手町、丸の内、東京、神田、日本橋、日比谷、有楽町、銀座、神保町エリアでお仕事をしている方へお薦め! 
⇒欠席の日は次月以降に振替受講が可能!
⇒仕事帰りに楽しく学んで写真仲間ができる!

お申込はこちらから!


●100期生・6月 日曜クラス 全4回

6月16日(日)11:00~13:00+交流会
6月23日(日)11:00~13:00+交流会
6月30日(日)11:00~13:00+交流会
7月07日(日)11:00~13:00+交流会

※会場は下北沢校です。ファッショナブルでクリエイト発信地でもあるシモキタ! 
⇒欠席の日は次月以降に振替受講が可能!
⇒交流会参加費300円! 参加・退出自由です。
⇒土日クラスは交流会後にみんなで写真展や美術館に行ったり、撮影会を行なったりが一つのお楽しみです!!(自主企画ですので変更の可能性もあります)

THE PAPERS創刊号に掲載予定

ミレイヒロキさんというディズニーなども手がける世界で活躍しているアーティストから連絡があって会いたいと。

ミレイヒロキさんとは、僕がデビューした10年ぐらい前に同じギャラリーで個展をやって以来の仲だ。10年間つかず離れず。SNSがあるのでミレイヒロキさんも僕の写真は見てくれていた。僕もミレイヒロキ作品は必ず目を通していた。

そして今回お声がけをいただいたのは、THE PAPERSというアートの雑誌(といっていいのか)紙の媒体を作るのでぜひ創刊号に参加をしてほしいとのことだった。

昨今、書籍(紙の本)が売れないこの時代に紙媒体! それもタブロイド版ときた! タブロイド版とは簡単に言うと新聞のようなでかいサイズ! しびれるー。めちゃいい!! やる!

Art and Lifeがテーマ。

部屋に額装して飾ってもカッコいい写真をとのコンセプト。自分の写真がタブロイド版全面にバーンって掲載されたら絶対にカッコいいよ!

紙も新聞紙のようなザラ紙ではなく、かなり良い紙での印刷。印刷所にもこだわっているという。

デザイナーは知る人ぞ知るこれまたすごい人。駿東宏さん。佐野元春を始め…いやそんなことを言っていたらキリがない沢山の凄い仕事をしている方。

THE PAPERSに載せるならどの写真にしようかというのは、連絡があったときに瞬間でイメージが湧いた。あれにしようと。

なのでそのイメージを持ってMTGのある喫茶店に向かったのだが、ミレイヒロキさんも全く同じイメージを持っていたのでビックリ。

「紙」だ!
WEBじゃないですよ。今どき、タブロイド版の雑誌なんてメチャおしゃれ!

もうみんなSNSにも飽きたでしょ(笑)。紙は匂いがして、音がして、指先に感触があって、破れたりしちゃうんですよ。凄く人間的でいいんです。

現在「No,00_Pilot Issue」が都内で配布されています。創刊号が配布になったらまたお知らせいたします! 楽しみー!
https://note.mu/2235

ミレイヒロキ
https://www.share-flower.com/
駿東宏
http://www.sg-tokyo.com/index.html

初級クラス5月生募集開始!

大変お待たせいたしました!! 満を持して初級クラスの日程が決定いたしましたのでお知らせいします。季節も暖かくなってきましたのでこの機会をお見逃しなく。

『心に響く写真』の撮り方を教えています!
http://travelfreak.jp/ws-beginner/schedule.html

●98期生・5月 日曜クラス 全4回
5月12日(日)11:00~13:00+交流会
5月19日(日)11:00~13:00+交流会
5月26日(日)11:00~13:00+交流会
6月02日(日)11:00~13:00+交流会

交流会はいつも笑いが絶えず、写真仲間が沢山できますので。
交流会の後は仲間同士で写真展に行ったり撮影会をしたりとお楽しみ満載です!

ではお会いできることを楽しみにしております!
須田誠

◯須田誠 写真教室
https://travelfreak.jp/ws-beginner/index.html
◯Instagram
https://www.instagram.com/macochphoto/
◯『GIFT from Cuba』最新写真集!
http://amzn.asia/8v8Fvem
◯オフィシャルサイト TRAVEL FREAK
http://travelfreak.jp/

1989年NY。ストリートにて。

僕がこの人の写真を撮ったのは確か1989年だったと思う。場所はNYのストリート。まだ写真を始めたとは言い難いぐらいの時だった気がする。本気で始めたのはもっとあとのことだけど。
 
なんていうカメラかわからないけど、この人めちゃカッコいいなと思ってドキドキしながら声をかけて撮らせてもらったのをよく覚えている。そんな初々しい俺が懐かしい(笑)。
 
最近よくチェックしているHEAPSというサイトにこの人が掲載されていたのでびっくりだ。今や有名人。いやその時はもう有名人だったかもしれないけど。
 
インターネットって凄いな。こんなところで再会できるなんて。
 
ルイスがインタビューの中でこんなことを言っている。しびれるぜ。

「旧式インスタントカメラだって、携帯のセルフィーだって同じだよ。シャッターを押してその瞬間を捉えることには変わりない。明日は誰のためにも約束されていなくて、昨日は取り戻せない。この瞬間しかないからさ、それをカメラで捕まえる」


俺も撮ってもらえばよかった。
photo by MAKOTO SUDA


@heaps #heaps

Haiku&Holgaそして行間

この投稿を見て僕は「あ!」と声を上げた。

以前から、俳句を英語や外国語で表現するのは絶対に無理だと感じていた。例えばこうだ。

古池や 蛙飛び込む 水の音
The old mere! A frog jumping in The sound of water

いや、違うでしょ。これはそのまま英語にしただけで俳句の良さがない。当たり前の話だが、五七五ではないのだから。

ところがこのHaiku&HolgaのMichelle Spadafore(ミシェル・スパダフォー)さんはHOLGAで撮影した写真を添えてZINEを発行している。

それだ!と思った。俳句の行間、少ない字数で表すことができなかった裏に隠された侘び寂び。それを写真で表現しているのだ。

そう!写真は、行間を表すことのできるメディアだったのだ。知っていたけど改めて思い出させてくれた。

このネットで発売されているのだけど購入できるのかな。送料115円って書いてあるけど国内発送のことだよなこれ。ちょっと買ってみたい。

HEAPSの投稿より引用